癒しの保健師ブログ ♪ Natural Healthy  Life ♬

自然な暮らし&自己の癒し(Self-care)がテーマ

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病重症化パターン&ライフイベントとストレスチェック
2012-12-19 20:47

前回はメンタルヘルスと保健師の役割&活用を紹介しました

おさらい 不眠や気分の落ち込みなどがあってもメンタル疾患と限らず
内科的な病気のこともあると具体的な話をしました
なのでメンタルか内科的な病気かどこへ受診したらいいのか等
保健師へ 相談&活用されて下さい
(詳しくは前回ブログ 最後のリンク先参照)

みんなの心の笑顔が続くよう ブログに書きました~
スプーンスマイル
企業の健康管理や従業員の健康支援をメインにしていて
なかでもメンタル疾患系の方や その手前位の方の対応も多く

今回 1つ目は男性会社員のうつ病どんな人が重症化する
ライフイベントとストレス、、健康への影響の2つについて

 うつ病で休職が長くなる方の特徴

今回は男性サラリーマン30~50歳代位のうつ病重症化パターン

さじこ面接会社員1万千人以上の経験値の分析
※集計データ化してないです ご了承ください

結論 
会社員男性のうつ病長期休職者は
仕事とプライベート両方に問題(ストレス)がある

 ①仕事:仕事量や質的な限界、
     仕事の人間関係に何らかの支障がある
     自覚なく他覚的な場合もある
     
 ②プライベート:夫婦の危機や離婚後
         家族の病気 家庭の不安定感
         まれに妻もうつ病


他 単純に仕事量多く働き過ぎタイプのうつ病は
休む期間にもよるが休むと回復し再休職も多くない
ただし仕事人間関係も問題のある場合や
うつ病以外のメンタル疾患も複合している場合は再休職もある

さじこ経験値の内訳;
会社員1万1千人以上(厳密にはもっと多い)の面接歴
・健診後のフォロー、健康相談、健康教育セミナーなど
このうち千人位は、メンタルヘルスに重点を置いた面接
うつ病発生前~休職中~復帰後~の経過も多くみています

男性は切実 パートナーや友達など見守ってね
箱君とクロッカス

 一般的な心理学と照らすと、、

心理学ではライフイベントとストレスの関係に着目し
仕事やプライベートのプラスとマイナスの出来事を点数化して
ストレス評価を行うものがある(この後のHP参照)
これでは
合計150点以上はメンタルヘルス要注意 上位4番目に離婚72点
離婚は要注意の半分近い高得点 仕事ストレスは各60~40点位
でっ
ライフイベント(結婚や出産、昇進など幸福な項目も含め)が
いくつも重なるとストレス点数も高くなり
心身の健康にマイナスの影響がおきやすい
としている

さじこの経験値もいい線っしょ

 あなたは大丈夫

自分で点数計算してみよう
ライフイベントとストレスチェック↓
西日本新聞 ライフイベントとストレス評価(一覧表と説明短文)
ライフイベントとストレス(文章の説明2ページ)

次は病気前の予防的な話
 心の健康を保つためのさじこ的アドバイス(予告)

またまた 長くなってしまい 次回へ続くの巻(^_-)-☆
「また~~~お預け~~」の声は聴こえない あしからず

  いつも読んでくれて 深謝 さじこ 

※医療職の方は他の経験や意見のある場合は遠慮なくコメント下さい

参考ブログ(厚労省) みんなのメンタルヘルス こころの耳:働く人のメンタルヘルス

関連ブログ  メンタルヘルスと保健師の活用(前回保健師の役割(メンタル以外全般) 

関連過去ブログ 保健師のことを詳しく知りたい方へ
②保健師って何者、、技術など編 ③保健師って何者、、キャリア編  

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sajicon.blog.fc2.com/tb.php/129-51835bf4
トラックバック
コメント
たなさん、、お知らせありがとうございました。ファイル修正しました。

ん~~幸福点数で高くなったのでは?
自己分析しすぎも怖いですよね(笑)
まあともかく気分転換に一人楽しむ時間もあっても良いでしょうか(^^♪
「ぼちぼちいきまひょ」
Posted by sajico at 2012-12-20 21:18 | 編集
おはようございます。
サイトの模様替えしたんですね~。雪の結晶が雰囲気出てますよ♪
えっと、関連ブログの「メンタルヘルスと保健師の役割と活用(前回)」をクリックしたら、「ご指定のファイルが見つかりませんでした。」と出たので、ご連絡まで。

ところで、ストレッサーの点数表はなかなかシビアですね。
自己採点で264点あったんですけど?自分の治療が先?笑

ハッピーな出来事でもストレスになるとありましたが、
いわゆるハイテンション状態によるアドレナリン系の
ホルモンが関与した場合を指すのではないかと推察します。
幸せホルモンの中にはセロとンとかエンドルフィンとか
副作用のない脳物質もありますので^^


Posted by Takamichi Tanabe at 2012-12-20 09:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。