癒しの保健師ブログ ♪ Natural Healthy  Life ♬

自然な暮らし&自己の癒し(Self-care)がテーマ

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンと診断されたらどうするか
2014-04-29 22:00

「ガン」と診断されたら 
が~~~んん
冗談をかわしてる場合じゃない

 衝撃情報 (出所:国立がん研究センターガン対策情報センター 2011年のデータ)

生涯で「ガン」にかかる率(2008年)男性58%(2人に1人)、女性43%(2人に1人)
生涯で「ガン」の死亡率 (2011年)男性26%(4人に1人)、女性16%(6人に1人)
と誰にでもかかるリスクあり 

多い部位は
胃 男性9人に1名 女性18人に1名
肺 男性10人に1名 女性は23人に1名
前立腺 男性14人に1名
乳房  女性14人に1名

驚かなくても いつか誰も死ぬのですが、、
箱君とクロッカス
治療できても 働き世代はいろんな調整が必要になりますね

というわけで
もしも 自分や大切な人や家族が「ガン」と診断されて
慌てない様にバイブルがあります。もち無料
最新治療情報、社会的・経済的支援、病気と向き合う方法、サポート機関など
バイブル冊子として保存されることを奨めます
そして 周りにガン情報の欲しい人がいたら
この情報を差し上げて下さいね

冊子発行者の紹介文章
「もっと知ってほしい大切な人ががんになったとき」は、
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科の大西秀樹教授と、国立がん研究センター がん対策情報センターの若尾文彦センター長監修のもと、すべてのがんに対して罹患した患者さんを支援する方を対象に、治療についての正しい知識、サポート体制のことなど、がん患者さんを支えるときに大切な情報を全32ページで掲載しています。

 いつも読んでくれて 感謝しています さじこ

紹介リンク
冊子「もっと知ってほしい 大切な人ががんになったとき」
情報リソース先 キャンサーチャンネル(ガンの方やサポートする方向けの部位別ガンの詳細な情報を掲載)・・医療職も勉強になります

検診②
ガンの2次予防 ガン検診=早期発見早期治療=とてもとても重要
  
参考リンク
ガン検診(国立ガン研究センターガン情報サービス)
参考ブログ
健診を受けよう(女性の検診)




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sajicon.blog.fc2.com/tb.php/218-9d9e1613
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。