癒しの保健師ブログ ♪ Natural Healthy  Life ♬

自然な暮らし&自己の癒し(Self-care)がテーマ

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Lady アウンサンスーチー引き裂かれた愛
2012-08-12 00:00

ビルマ(現軍事政権ミャンマー)と日本はアジアの中でも
関わりが深い方だった
しかしビルマが今どのような状況かあまり知られていない

THE Lady アウンサンスーチーひきさかれた愛

アウンサンスーチーの「The Lady 引き裂かれた愛」
は彼女とビルマの状況が描かれている

アウンサンスーチーがこの何十年かの間に
何度もビルマで軟禁されていることや
ノーベル平和賞受賞したことは耳にしたが
私はその背景を知らなかった

「The Lady 引き裂かれた愛」の
映画は7月21日より全国公開されている
ビルマがまだ民主化へ道途中であることなど
ぜひ映画を見るのが手っとり早い、、
民主化促進のためにも
世界へ向けて映像化されたのだろう

ビルマ人のアウンサン氏が民主化の象徴とされているが
それには遠く離れたイギリス人の夫マイケルの存在が大きい
夫婦愛=パートナーという 生易しいい関係でない
ビルマ民主化運動の政治同士そのもの
というよりマイケルが政治的活動を行った結果ともいえる
映画や本を楽しみにしている方もいるかもしれないので
ここまででにしておく

さじこ的には「引き裂かれた愛」は不適切な訳語な気がする
夫婦家族ともイギリスとビルマと離れ離れだが
一心同体だったと解する
私なら「鋼鉄の蘭」と題しただろう

ミャンマーでなくビルマとしたのは
スーチーの希望である。
(ミャンマーの国名は軍事政権下で改称)

「ビルマの竪琴」の本を読んだのは
中学3年生か高校生位だったと記憶している
児童文学として作られた後に映画化されたそう
戦中・戦後にビルマで戦闘行為をした日本兵を
助けたのは敵国ビルマ人だった
あの頃本を読み、ビルマ人の心の美しさに感銘した
ことを再び思い出した

映画も観に行きたいな~

ブログカテゴリーの分類だと「本」を
あえて「LOVE」に入れた
これは家族愛というより
人間愛・祖国愛のLOVE
ビルマ民主化の大願成就をこめて


「The Lady 引き裂かれた愛」
映画予告編 映画7月21日より全国公開
本 690円 セブンアンドアイネット
最寄セブンイレブンにとり置きだと手数料なし

他「アウンサンスーチー愛と使命」2012年7月3990円
(さじこは図書館で予約中だけど人気で順番待ち)

 自分の癒しノート中 おつきあい頂きありがとう さじこ
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sajicon.blog.fc2.com/tb.php/61-2813e107
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。