癒しの保健師ブログ ♪ Natural Healthy  Life ♬

自然な暮らし&自己の癒し(Self-care)がテーマ

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう1品(皿)の野菜、、レシピその2
2012-09-02 06:00

あと1品(皿)の野菜を、、1回の食事に増やしたいです
 →理由は最後の保健師ポイント参照

 今日のもう1品、、新じゃがの小いも

小いものお料理どうしてます?
私はいつもはひき肉とバター炒め煮、味付けは醤油
美味しいけど、味付けまでに40分以上かかる
そこで、、もっと早い(20分位)レシピに出会い紹介

じゃがいもは炭水化物(糖質)だけど
ああみえて、、
ビタミンやミネラル多数含みます

小いも味噌炒め
小いも味噌炒め
あ~うっ旨い今日も幸せ飯に出会う
親父も三つ星ならぬ三つ子泣き、、、


 レシピ

材料 新じゃが小いも10個 しそ葉2~3枚 白ねぎ1/3本
   炒め油(大さじ1程度 適宜) にんにく1片 

調味料(みそ さとう 水 酒)好みで調整
   うちのは大さじ味噌1.5&砂糖0.5杯位
   水と酒は適当に味噌砂糖がゆるく伸びる程度
   ※酒と砂糖(味噌が甘めの時)は好みでなしOK
  味噌に塩味少ない場合は、隠し味に醤油1~2滴

   事前に合わせておく

1、ねぎは刻み、ニンニクはすりおろし
  (隠し味のにんにくは無くてもOK美味し)
  じゃがいもは皮つきのまま洗い調理、、
2、小いもはゆでる(あるいはレンジでチン)
  串が通るくらい ガスだと熱湯から10分位、、油断すると早い
3、2をザルで湯切りする
4、油でごろごろ炒め 焦げ目が美味しそうについたら
  隠し味ににんにくすりおろし
5、中火~弱火位で 4、に調味料混ぜ入れ
  次に白ネギ刻み入れ全体に回ったら直ぐに火止める
6、出来上がり皿に盛り
  しそを手でちぎり 盛り付ける

  お料理ポイント
レシピきっちり作らなくても 美味しいので安心して
にんにくなしで作ったけどしその香りで十二分旨い
しそは大ざっぱな手ちぎりが香り立つみたい、、
うっ旨くて 美味しすぎ=腹ぱんぱん食べちゃった
=食べ過ぎて=糖質摂り過ぎ
なので私はご飯減らした
熱っ熱が旨いけど、冷めても美味しかった

 保健師ポイント、、野菜と栄養バランス

健康維持(病気予防)に1日に350g以上の野菜が必要(日本)
            (WHOは400gを推奨)
1品(皿)70gの計算で5皿以上
だけど、、国民の70%は多少の差あれど野菜不足

野菜不足の栄養アンバランスは老化促進や発病に直結
⇒野菜不足の方は、
 おかず(肉・魚・卵)やご飯の食べ過ぎのケースがほとんど

外食や中食の多い人へ
ご飯やおかずを残しても、野菜料理もう1品追加の工夫
もったいないとご飯やおかずの食べ過ぎ
野菜をたくさん食べるなど病気予防の費用は
将来の治療費より絶対に安く上がります
=体に脂肪貯金や栄養アンバランス=万病切符の入手
これは家飯の人にも言えますね

野菜不足の方は
1回の食事に無理なく増やせる
まずはプラス1品(皿を勧めます

 いつも読んでくれて ありがとう さじこ

参考リンク じゃがいもの栄養

関連野菜増量ブログ とまと飯 とうもろこし飯   ブロコッリー芯


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sajicon.blog.fc2.com/tb.php/74-a45ae9ff
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。