癒しの保健師ブログ ♪ Natural Healthy  Life ♬

自然な暮らし&自己の癒し(Self-care)がテーマ

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保健師って何者?、、その3
2012-09-29 06:00

保健師は何する人? 分かりにくいと
良く言われるので その1・2・3で自己紹介兼ねてます
今日はその3

対象者が自分の健康段階(障害者含め)に応じて
セルフケアできるように働きかけること
そのための保健と予防で保健師の役割です

 保健と予防

全ての年齢と
健康から病気のある方全てが保健師の対象者


保健

「保健」って、、字のまま健康を保つこと

ライフサイクル(発達段階)別の分野
母子保健・小児保健・思春期保健・成人保健・高齢者保健

健康課題別の分野
精神保健・感染症保健・障害保健・難病保健・歯科保健
他に在宅療養者の健康支援

※必要な場合、対象の家族の病気や不調について
情報提供や健康支援を行う
家族の病気などが原因で対象者の発病や病気悪化もある

 よこ道 さじこの希望的願望
予防的な関わりに家庭訪問はベスト
家族全員の健康状況把握と健康支援ができる
主には保健所・保健センターの家庭訪問しかない
しかも対象は新生児・精神・難病・食中毒などに限られる
産業(企業など職域)保健でも家庭訪問したいな~
サラリーマン男性に食事指導も限界がある
家族で同じもの食べてるし+夫婦で高血圧等多い
家族や妻にこそ聴いて欲しい


予防

保健師の仕事は予防が全て
   予防に始まり予防に終る
(病気のある方の療養支援は主に看護師)

さじこ名言
 「一流の治療より予防に勝るものなし」


予防医学の3段階
 この全てに関わる

1次予防 全ての方が対象で病気を防ぐ
 ①健康増進・・・生活習慣(食べる・動く・寝るなど)の見直しや調整
 ② 特殊予防・・予防接種、職業病・事故・公害防止など

2次予防 病気の早期発見と早期治療
 病気の進行を予防する
 適切な治療と生活習慣の改善
 早期発見に健診や人間ドック・がん検診
 重大な病気のスクリーニング(ふるい分け検査)

3次予防 病気の重症化防止
 病気の悪化や合併症を防ぐ
 例えば糖尿病の合併症失明・人工透析・脳梗塞へ
 高血圧の脳梗塞後さらに脳血管性認知症などへ
 進まない予防
 機能障害されたリハビリテ―ション

保健師は地味で目立たず分かりにくい、、が
対象と健康レベル 幅広~~いです。
就業場所(自治体・医療福祉・企業・学校)別では
保健対象者の違いはあっても
予防の3段階への関わりは保健師に共通した職務です

 最後まで読んでくれて 深謝 さじこ

関連リンク 保健師って何者、、その1(キャリア) その2(技術と服装)

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sajicon.blog.fc2.com/tb.php/89-5c4675a9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。